ガトーショコラとブラウニーの違いは?味・材料・作り方の違いを調査!

ブラウニー

ガトーショコラとブラウニ―といえば、どちらも定番のチョコレート菓子です。材料もすぐに手に入るものばかりで簡単に作れるので、バレンタインやクリスマスなどのイベントだけでなく、自宅で挑戦する手作りお菓子としても人気です。

しかし、ガトーショコラとブラウニーは味も見た目も非常によく似ているので違いがよく分からないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。作って食べる機会はあっても、その違いについて知る機会はなかなかありません。

そこで今回は、味や材料を比較すればよく分かる、ガトーショコラとブラウニーの違いについて解説します。

目次

ガトーショコラとブラウニーの違いは?

材料や見た目にも大きな違いがなく、非常に似ているように感じられるガトーショコラとブラウニーですが、それぞれ異なるポイントはいくつかあります。

そもそも起源となる国がそれぞれ違い、ガトーショコラとブラウニーの名称は、その国の言葉が語原となっています。

まず、ガトーショコラはフランスが起源です。
フランス語でガトーはケーキを、ショコラはチョコレートを意味します。フランスではチョコレートの焼き菓子全般をガトーショコラと呼びますが、日本ではふんわりと焼いたチョコレートのホールケーキを指します。

次に、ブラウニーの起源はアメリカです。
英語で茶色を意味する”ブラウン”から生まれた言葉とされています。

食べ方にも違いが!

また、食べ方にも違いがあります。

ガトーショコラは基本的にフォークで食べるお菓子ですが、ブラウニーは一口サイズに切り分けて手でつまんで食べます。

ガトーショコラはホールケーキとして食べられることが多く、ブラウニーは焼き菓子としてよく食べられるため、食べ方にも違いが生まれるのです。

このように、それぞれの起源や食べ方を見てみると、一見大きな違いはないガトーショコラとブラウニーが全く別のお菓子であることが分かりますね。

ガトーショコラとブラウニーの味の違いは?

ガトーショコラ

ガトーショコラもブラウニーもチョコレートのお菓子なので、味に大きな違いはないと思っている方も多いのではないでしょうか。確かにどちらもチョコレートのお菓子であることに違いはないのですが、味だけでもいくつか異なる点が見つかりました。

まず、ブラウニーにはアーモンドやドライフルーツを入れることがありますが、ガトーショコラはチョコレート以外に追加する味はありません。

ブラウニーはチョコレート以外の味も一緒に楽しむことができ、ガトーショコラはチョコレートの味を堪能することができるという違いがあります。

ココアパウダーやメレンゲの違いも!

また、シフォンケーキで使用するチョコレートはカカオ濃度が高い物がいいとされていることに対して、ブラウニーはチョコレートにココアパウダーを追加するという違いもあります。

同じチョコレートのお菓子でも、使用するチョコレートや追加する材料によってその濃度や味に違いが生まれます。

最後に、ガトーショコラはメレンゲを使用して生地に混ぜ合わせるため、ふんわりとしたケーキの食感があります。しかしブラウニーはメレンゲを使用せずに全卵を生地に混ぜ合わせるので、目の詰まったしっとりとした食感になるという違いもあるのです。

スポンサーリンク

ガトーショコラとブラウニーの材料の違いは?

ブラウニー

見た目が似ているガトーショコラとブラウニーですが、使用する材料は少し違います。材料やその分量の違いが食感の違いにも繋がっているのです。

まずはお菓子を膨らませるために使用する材料に違いがあります。ガトーショコラでは卵を卵黄と卵白に分けてメレンゲを作り、ケーキを膨らませます。

しかしブラウニーでは全卵を使用し、全体の膨らみはベーキングパウダーを使用して作るのです。ケーキとして食べられるガトーショコラと、焼き菓子として食べられることが多いブラウニーの違いがここでも分かりやすいですね。

薄力粉の分量にも違いが!

また、どちらも材料に薄力粉を使用しますが、その分量が違います。ガトーショコラはメレンゲを使用することで生地を膨らませるので、少量の薄力粉で作ることができます。しかしブラウニーはベーキングパウダーを使用するので多めの薄力粉が必要になるのです。

そのため、ブラウニーはガトーショコラよりもしっとりとした重めの食感になります。

他にも、ブラウニーではアーモンドやドライフルーツを入れてサクサクとした食感を楽しむことができます。チョコレートの味を堪能するガトーショコラでは使用しない材料になるのでこの部分にも違いがあります。

ガトーショコラとブラウニーの作り方の違いは?

ケーキとしてフォークで食べられることの多いガトーショコラと、焼き菓子として手でつまんで食べられることの多いブラウニーでは作り方にも違いがあります。

作り方の大きな違いとしては、やはりメレンゲを作る工程があるかどうかです。ガトーショコラではメレンゲを泡立て、その気泡でケーキを膨らませるので、この工程が綺麗なガトーショコラを作る重要なポイントです。

ブラウニーはメレンゲを作る代わりにベーキングパウダーを入れるので、卵を泡立てるのではなく全卵を溶くだけで良いのでガトーショコラよりも簡単に作ることができます。

混ぜ方に大きな違いが!

また、ブラウニーのトッピングは焼き上げる前に生地に混ぜ合わせます。アーモンドやドライフルーツ、くるみやピスタチオなどをトッピングしてアレンジを加えます。ガトーショコラにはない工程であり、個人の好みに合わせたり季節感を出せるのです。

作り方以外に、焼き上げた後の形にも違いがあります。ガトーショコラはホールケーキの型で焼き、ブラウニーは薄い四角形の型で焼き上げた後に小さい四角形に切り分けるのです。

ブラウニーは、気軽に食べられる一口サイズのケーキが欲しいという声から生まれたとも言われており、最後に細かく切り分けます。

まとめ

今回の記事では、ガトーショコラとブラウニーの違いは?味・材料・作り方の違いをご紹介してきました。

ガトーショコラとブラウニーは見た目が似ており、使用する材料や味にも大きな違いが無いように思えるのですが、実は全く違うお菓子なのです。起源となった国や食べ方、使用する材料や作り方まで、それぞれに違いがあります。

ただ、どちらのお菓子も使用する材料が手に入りやすく、自宅で気軽に作ることができるチョコレートのお菓子であることは同じです。

作り方のシンプルさから、初心者の方はまずブラウニーに挑戦してみるのも良いかもしれません。食べるシーンや食べたい食感、味などによって、どちらを作るか検討してみてくださいね。

SponserdLink

よかったらシェアしてね!

SponserdLink

目次
閉じる